女性が中イキオナニーに良い成分ローション:保存版

2018年09月19日
女性専用アダルト
ここで勧めるのは中イキには欠かせない行為の為に絞った究極の選択です。気にしないで思い切り中入れオナニー続けられ時には激しく奥まで深くズボ刺しもできる。基本そういう行為に安心な成分ローションに絞っています。ハイ。その詳細も詳しく「なぜ?」と、そして周辺情報も加えてしっかり確認納得したい方に参考になります。何念も体験の上で整理して書いています。
 【女性専用アダルトLOVEバナナ&ピーチ】


ホントに中イキするには指の長さでは到底届かないのでモノを使います、モノが劣化しにくい為にも永く楽しむなら・・・まっ先に回答品をお伝えしてから後半で「なぜ?」をぞうぞご確認ください。

●中イキオナニーでアソコにも、おもちゃ素材にも安心成分、膣内挿入のためのローションはこれ!


1.高級品 水ベースの「グリセリン成分」

一部ポリオクタニウムという成分が扱われているものもありますが粘性に問題はなく、長くスムーズなズボズボができるための本格的な愛液代わりです、流れ出しやすいのでアソコのメンテナンスにも良いです。
この代表に産院も安全性についておすすめしている有名な

「リューブゼリー」
女性専用ローション
とにかく安心したいならこれで大丈夫でしょう。

その他: リューブゼリーHOTアストログライド(ASTROGLIDE)ぺぺ・プロローグ(手頃なグリセリン系)もさらっとして、心地よく流れ出るので良いです。



2.汎用品 水ベースの「ポリアクリル酸ナトリウム成分」

お手頃に数多く使う場合はおすすめです。
代表に老舗ロングセラー

「ペペローション」
女性専用ローション
かなりお手頃です。
でも、実はローションの膣内の残留が心配との意見も多くあります。その為に多くのハウツーサイトでは中入れには絶対不向きとまで言われているポリアク系です。そういう話を聞くと心配を感じるなら使わないほうが良いです。

 でも、残留したあとに乾燥しやすいのが一番のデメリットな為だけに進められていません。実際に使うとき、使用前にミネラルウオーターで2倍〜3倍に薄めて水をたっぷり吸わせてから使うと、わたしはけっこう大丈夫だとは実感しています。残留しにくいので流れやすくなります。なぜ、そうまでして使うのかは、どスケベなわたしには総量が必要で、一ケ月で使う量が少しでは足りません。なのでコレは手放せませんでした。ムリにはすすめません^^やっぱり工夫も大事ではないでしょうか。

例えば、中に多少ローションが残留しても薄めているのでオリモノや膣内分泌物と一緒に流れやすいですし、また、生理もあったりして結局は流れ出ています。

「絶対に悪影響を与える」というような、「ぺぺ」と名指しでまではしなくても、強烈に完全否定するようなオーバーなハウツーものをだいぶ多く見かけます、最後まで読むと高いもの売ろうとしています。それはそれで悪いわけではないです。モノが実際にイイのですから、単純にススメられます。コスパを考えないならわたしだって高級品を手放しで当然すすめます。

でも、私はペペはトータルではとても良いモノだと思っています、標準ペペって薄めるととトロトロ〜としますし、実際に購入をして、そして実際に使う、また使う何度も何度も使っていたら、総合的なパフォーマンスがスゴく良いと思いますよ。
なので・・・ソレ現実ホントに使ったことあるの?のホントに知ってるの?っと言いたいくらいの書き込みを多く見る時があります。現実には、お財布との相談もあるので、「ペペ」は私は工夫すればとってもとってもイイものだと思っています。使用しているわたしの個人的な意見でしかないので100%は真に受けないでくださいね^^

尚、ヒアルロン酸入りのは、ポリアク系の欠点、乾燥を補うのでおすすめできます。とにも薄めてみてくさい 簡単なことです^^
その他: ペペスペシャル コラーゲン

その他ポリアクにカルボマー+グリセリン配合して欠点を補った、超うれしいお手頃汎用タイプ
TENGA PLAY GEL NATURAL WET (ナチュラルウェット)、ペペブルーキャップ(容量はバッチリ少々高め)


※ペペローションなどポリアク系について、時には薄めるなどの工夫も加え納得の上でもっと量を増やしたいならお手頃超オススメがあります。
「 ペペピュアハーブ 1,000ml」です。

1,000 ml入りの大容量品です。360ml入りペペはやめて1年前からは、コレをストックして工夫して使っています。血行促進や保湿成分も入っていてレベルアップ、キャップ付きで使い勝手も良し。残量を気にしないで使えるので、お気に入りの器に入替えしておけばストレスなく^^これで半年なんて十分足ります。



●ローション補足


中入れには糸引きタイプやハードタイプローションがいい?

女性専用ローション
※糸引き納豆より細い糸になっても糸引きタイプのローションは、意外と潤滑が長持ちしないものが多いようなので、そこは気にしてください^^ ハード系ローションだと潤滑が長持ちするとも限りません。やっぱり決め手は成分や名の知れたモノが一番です。

ハッキリ言って、膣に中入れズボ刺し延々楽しみたい方なら身を優先にだけ考えるなら、ハッキリ言います→ シリコン系を使うのが結果イイと思います。例えば、おもちゃ自体は1年くらいで交換すると、スマートに考えになれるなら。 水+グリセリイン系や、水+ポリアクリル酸ナトリウム成分や、手ごろ安心な複合系と使い併せながらやってみてください。大丈夫です。ちょっとヤバそうかどうかは使っていたら、1〜2秒の速さで来るわけではないので普通は使っている流れで感覚で感じて分ると思いましたし。 高い安いとらわれす、様子も見ながら考えて判断すればけっこう大丈夫ですね^^ 何もかもひっくるめて、とにも、水+グリセリン系が一番良い事は間違いはありません。

ローション・オナニー周辺補足

※もし、ローションを温める場合は直レンジでチンは、あっという間に熱くなるので使わず、間接的な湯煎・・・湯煎て知ってのとおり、固形チョコレートを溶かして形を作り直す時に暖めるアノ方法の事です、ゆっくり人肌に温めましょう。 オナニーの後は性器や手を清潔に洗い、できればオシッコしちゃう。おもちゃへのメンテナンス綺麗にしておくのことが望ましいですので意識はしてください。神経質になる必要まではありませんが、これは、外陰から尿道までが短い女の為の雑菌による膀胱炎対策ですので、意識はしてください。
あと、膣内を洗いすぎると、雑菌を退治してくれるデーテル桿菌まで洗い出してしまい、細菌レベルでいは余計に雑菌を繁殖させてしまいかねません。特に石鹸で洗うのはやめましょう。奥はせいぜい温水でさらりとするか、中の残留があれば、取り出す程度には意識してください。
エッチで膀胱炎になる原因は、一番多いのが大腸菌による細菌感染です。
女性は、男性と違い肛門から尿道口までが近い、さらに男性みたいにサオも無いので、尿道口から3〜5センチくらいで膀胱です。菌が入り込みやすい体なので感染しやすく膀胱炎を引き起こしてしまう事が多いです。
実は、潮吹き行為も、無理な刺激によって膀胱炎や尿道炎になりやすいっていうことは、何となく分かっているとは思います。

ローション使用期限

ローションは時間が経つとともに、ローションの色の変色して劣化します。わたしが知るのは黄色っぽくなりました。注意点はローションの保存期間が過ぎてしまうと雑菌も増殖しやすく危険になるので、使わないほうがよいっていうことです。それでも、わたしは黄色くなったのをもったいないので使いましたが何もなかったです。幸い運が良かっただけかもしれないので、今はもう古いのは使いません。
使ってみての感じは、ローションの保存目安は開封したらだいたい6か月です。それを過ぎてしまったら残っていても捨てるのがいいでしょう。開封日をローションにメモるのもイイです。 期限切れローションの見分け方、黄色くなったり、白濁したり、匂いなんだか変?とかは基本もう新しいのを用意しましょう。


●中いきオナニーの為のローションの必要な基本性能


糸引きが少ない。ヌメリが持続して粘膜にやさしくおもちゃにもイイものが基本一番に良いです。

糸引きは開封すればスグ分かります。それ以外は、始めはどれも同じようで、でも時間がたつほどにその差がハッキリと分かってきます。 特に気分が乗ってきたなんていう大事なときに差が来ます分かりますね。
この差は、個々個人の膣内から分泌する愛液成分の違いとも同じことです。滑る成分の質によってはしばらくすると「痛い?」「あれっ不快」 気持ち覚めるwみたいなことにもなります。
ヌメリの持続力の差と摩擦抵抗です。スイッチが入って自発ラブジュースが出るようになる前に 気持ちが覚めてしまうのです。すでに自濡れはしていても、途中で覚めることもあります。
また、中イキには指では到底届きませんので、ラブグッズが必要になります。人にやさしいのは一番に大切ですが、バイブやディルドの素材にもやさしい成分のモノでなければ長く楽しむ為にはとても大切なことになります。


「中入れ」で(気持ちイイ!と痛い!)を分けてしまう大きな理由の一つ。


状態づくり環境づくりを忘れていませんか?

人によっては、コレはそもそも今まで使われず未開発で慣れてないからという方もいるでしょうけど、その前にやっぱり 盛り上がれる環境状態すら作っていなかったことであり、実は物理的な環境づくりって、覚醒させる為の大前提なのではないでしょうか!?

その為にじゃぁ何を用意するのか?忘れてはいませんか??

ズバリ用意する大前提は「潤滑」です、敏感で皮も薄くデリケートな陰部内には、そもそも、ひっかかるような感じで刺激してたら誰だって痛いですよ、潤滑をとにかく最初にセッティングしてみましょう。
愛液が少なくて濡れてないから、そもそも濡れないのは気持ちよくないからとか、理由はあると思いますがヌメリが無いのに、もし、そんな時に入れたり動かしたら気持ちいいどころか不快に感じるだけですよね。

「潤滑ローション」を使うことへの抵抗や先入観について

自分自身の出るヌメリは人それぞれ程度が違うのは当たり前です。でも男性とのエッチの時に、潤滑剤について・・・濡れないのは感じていないからと思われたくないので使うのをためらったり、別にはオナニー用としても、風俗などで使うイメージ感が強くて感覚的に抵抗があったりすることは共感できます。こういう感覚には個人差もあるので仕方のないことで気持ちは良く分かります。

状態づくりの後押しにラブローション(潤滑液)活用は見逃せない事実

・・・でも、
コスったり刺激するので、物理的にヌメりは絶対に必要です、そしてヌメリは人工的に作れます。最初に盛り上がる状態づくりの後押しとして一番簡単な方法は、ラブローション(潤滑液)の活用っていうのは見逃せないことだと思いませんか。 先のとおり、抵抗がある女性も多いとは思いますが、大切なことは、いったい何なのかを・・・もう一度考え、一歩踏み込んで、アソコを潤滑させる為にローションと向き合うことは決して悪いことではないと思います。

とにかくローションを使いさえすればイイ!?

・・・では仮に納得して、いざ使うに至ってから・・・今度は、ローションを使えばイイというわけではないです。 ローションは、その「ベース + 成分」によってはだいぶ差があります。ここで言う差とはクオリティというよりは目的別の差を話します。 何に使うか目的によっては、そのローションが悪いからではないのに、使用目的に合ってなかっただけなのに、知識不足で ローションに不快を覚える始末(先入観)にもなりかねないので、一応は知っておいたほうが良いと思います。

では、ローションをもっと詳しく納得したい方は以下をどうぞ

●ローションは「ベース」と「成分」です


これは毎日の食事に例えると、「ごはん」と「おかず」みたいな関係です。 「ベース」がパンやお米や麺類なら、「成分」はお肉やお魚や野菜などのおかずです。


●ラブローションのベース別には3つの種類があります。


・ウォーター(精製水:純粋なH2O)ベース

・オイル(油)ベース

・シリコンベース

その1:ウォーター(精製水)ベース

ウォーターベースのものは基本サラサラしているので、濡れにくいときや、濡れはじめる前に使うのがおすすめです。 膣内に入っても身体に害がなく安心して使用できます。またコンドームや大人のおもちゃとの相性もも良くおもちゃには水ベースが一番で挿入に適しています。
膣に優しいグリセリン系ではオカモトゼロワン、リューブゼリー、汎用品ではペペローションなどが良く利用されています。

その2:オイルベース

植物オイルが主成分で伸びが良く、長時間の使用に向いています。 オイルベースのものはコンドームを破損させやすく大人のおもちゃと併用することで劣化させる可能性があり、そういう使い方はあまりおすすめできません。 尚、アナル向きです。

その3:シリコンベース

(注意:シリコンベースにはオイル成分も含んでいる) シリコンが主成分で、ヌルヌル感の持続力があるため乾きにくい。 シリコンベースのものはヌルヌルが持続しやすいので、挿入が長くて、乾いてしまうひとが使用するのに適しています。コンドームとはあまり向きませんが、オモチャに使うくらいならそこまで神経質にならなくてもいいかなあとは思います。


●ベース別のまとめ


中イキオナニーにはグッズが絶対に必要、そのおもちゃグッズとの相性は?

シリコン系とオイル系はおもちゃとの相性が悪いです。なぜなら含まれる油分により劣化が進みやすいです。オイルベース場合は特に劣化が早いです。 実は、コンドームだとスグに破れることがあるくらい素材との相性はかなり良くありません。 メリットは、アナルにはシリコン成分がアナル内の粘膜を傷つけにくくしてくれますのでアナルにはとてもイイです。尚、シリコン系は少ないですが油分があります、神経質になる必要まではないと思います。アナル専用のプラググッズなら全然問題ないように感じました。ていうかオイルが含んでいてもシリコン系は普通のディルドおもちゃでも、けっこう大丈夫だとも思います。物事に絶対なんで無いと思うので、やばいかどうかは使いながら見ていれば分かることですし。

あと話変わりますが、人対人相手の場合にはオイルベースでオーガニック系(天然由来品)がやっぱりいいですね。

おもちゃとの相性が良いベースは?


大人のオモチャを劣化させやすいオイルやシリコンベースとは違い、水ベースの場合は、そのような心配は無く安心して使えます。


●主要な成分別ではこの5種類です。


「ポリアク系ローション」

「シリコン系ローション」

「ポリオク系ローション」

「カルボマー系ローション」

「グリセリン系ローション」

「ポリアク系ローション」

汎用成分、ポリアクリル酸ナトリウムという成分を主としたローションで、女性のための生理用品や紙おむつ、また食品添加物にも使用されている成分で口に含んでも問題はないです。

ローションの歴史的には:潤滑剤のとしてラブローションが生まれたのは、安土桃山時代で、寒天などをお湯に溶かしたものが使われていたと言われています。 日本では現代のような本格的ぬめりローションが生まれたのは、昭和35年(1960年)にでたZローションです。

そして、昭和48年に生まれたのが中島化学工業のペペローションです。ローションと言えば、「ぺぺ」というくらい大人気のロングセラーローションです。
Zやペペの誕生は、時代が求めたモノとも言えます。それは、寒天や海藻をベースとしたローションなどは今で言うオーガニックなので良いのですが、当然腐ります。かといって防腐剤を入れると、今度は人の体に害があります。パラベンの発見や開発も加わり、そこで生まれたのが『ポリアクリル酸ナトリウム』ローション「ペペ」だということです。パラベンを水道水の悪と同じように攻撃する書き込みもありますが、水道水への極端な悪視と同様、偏り過ぎたモノの見方だと思います。こういう事って使い方の程度や工夫を忘れないことが肝心だと、わたしはいつも思っています。(赤痢病か蔓延してた時に出たカルキはあっての水道水でしたが、どれだけの老若男女の人々を救ったことか、このことに私は実感など無い年代ですが、水道水の恩恵は少し調べれば感動をさせられる優れモノだったわけです。)

・・・長持ちして、絶対とは言いませんが安全と言われる、ポリアクリル酸ナトリウムローションは増粘性に優れているため深刺しズボズボ刺しにもオモチャ素材にも最適な成分です。でもデメリットは、洗いを比較すると落ちがよくないことがあり、それに吸水性があるため皮膚の水分を吸い肌がカサつきやすい事があります。言い方を変えると、それだけなんです。
膣の中など、自分で洗いにくい場所などにそのまま使うことはあまりおすすめは出来ませんやっぱり。ただ実用できないわけではないのです、原液のまんまで中入れには不向きなだけです。

代表的な「ペペローション」は中入れには不向きと言われるポリアク系ですが、使用前にミネラルウオーターで2倍に薄めて使うとけっこう大丈夫だと感じます、膣内分泌液と一緒に流れ出しやすくなりますし気にし過ぎのほうがかえってヤバいと思います。それでも心配ならコラーゲンなどの保湿成分が含んだものを選ぶのもいい方法です。
とにも、ポリアク系ローションはお手頃なんですし、少し工夫すれば最高に使いやすいローションです。


「シリコン系ローション」

ズボ刺し長刺し抜き刺しに最適。肌に吸収されにくいとともに、潤滑能力が高く、滑りが長時間持続する特徴があり基本的には「アナルプレイ」向きです。仮に水ベースでも海面剤で親水させることは可能です。 コンドーム使用で破れるのがイヤなら使用しないほうが、なぜならシリコンに含まれるオイル成分で少し破れやすくなるからです。


「ポリオク系ローション」

ポリオクタニウムは化粧品や一般的に販売されているシャンプーやコンディショナーにも使用されている成分で、肌に対しての刺激が少なく、人体への適合性が高い肌荒れを気にせず楽しむことができるのですが、第一番の持続性や潤滑度でいえばシリコン系ローションには全くかないません。 ボディローション用でぬるぬるプレイ向きです、現在は単一成分でのモノは少なく他との配合品が多いです。


「カルボマー系ローション」

「カルボキシビニルポリマー」という成分で、販売されている化粧水や基礎化粧品にも使用されている合成ポリマーの一種で、安全性がかなり高いとされる成分です。 優れているところは「洗い不要ローション」と呼ばれるほど、体を洗うときに落としやすく楽々ということです。ぬるぬるするというよりかはサラサラとした肌触りで体やグッズの相性は最適ですが、粘度が低いためスグ乾いてしまします。何度も継ぎ足しが必要になり行為中断があり、気持ちが冷める事もあるので長時間には向きません。特長としてはとにかく身に安全です。


「グリセリン系ローション」

グリセリン系ローションの特徴としては水に溶けやすい成分となっており、膣内に入れても全く問題ないローションと言えます。膣内挿入におすすめ、コンドームOK、オモチャディルドの素材にも最適と万能なだけあって高級品です。 産院でも推奨するリューブゼリーがこの代表です。



迷っていて心配がある方、選ぶのに何を目安にすれば良いのか方向性か見つからない方に、ほんの少しでも参考になればと思います。 何か伝え方がうまくなくてゴメンナサイ。それでも最後まで見てくださいまして本当にありがとうございます。
 by tubasa こと 佐々木由菜






 ※http:// 〜blog-entry.〜 などの、今、1記事表示で見ている方は、記事数の多い全記事表示もご覧ください。
トップエントリー(全記事表示は1ページに最新20記事を表示します)は コチラからどうぞ>>


女がオナする為のつばさのエッチサイト