大人のおもちゃ女性向け|安心な配送方法、ネットショップで購入の心配と解決

2017年03月06日
女性専用アダルト
相手の顔も見えないし店舗も見えない。
まさかホントに商品が届くのかな?ニセモノが来るのでは?今どきまさかですが初回は心配も。そして、バレない?など。
いろいろな心配が次々よぎって来るのではないでしょうか。



大人のおもちゃネットショップ購入は、漠然とした不安も重なり心配にはなりますが、ネットショップを検討する一番の理由は、やっぱり何と言っても「買うのがハズカシくないから」、これに尽きるのではないでしょうか?この直接買うっていう一番大きなリスクを「回避する為にネットで検討するんだ」と踏まえた上で、どうすれば安心なのか以下を参考にしながら確認していただければと思います。

大人のおもちゃ女性向け、ネットショップの場合で安心と思える配送方法

1.専門店か多ジャンルのショップか。

 アダルトグッズを取り扱うネットショプはかなり多数あって、専門店もあれば、幅広いジャンルの中の一つとしてアダルト品を扱う場合もあります。先ずは安心な配送方法という実務な意味の心配よりも先に、気になるのはショップそのものの信頼性やモラルはどうなのかという事です。
信頼できる大手有名ショップなら別ですが、女としては、男女グッズ何でも幅広く取扱い広げているショップは、たいていは大丈夫なところだと思いますが、わたしは、もう一歩踏み込めません。公式サイトもある女性専門ショップに配送を頼みます。

2.支払方法は?

 カード決済、銀行振り込み、代引きなどがあり、自分で方法を選べるところが今はほとんどです。

3.配送の仕方はどのような状態でされるのか。

 手元に届いて落ち着くまで、恥ずかしい事なく進むのか、中身が何か宅配のお兄さんやおじさんに怪しまれないか?局留めでも局員に疑われるような箱になってないか?とか。家族にバレたりしない?とかなど、配送されるまで、いろいろ心配が付きものですよね。配送の梱包はしっかり止め中がガタガタしてたり、箱が間違っても開かないようにしっか止め、送り側の記名はエッチ名前とかじゃなく、そして、商品名もインテリアグッズとか化粧品とか、きちんと記載してくれる所が安心です。ショップサイトに、そういった説明までなされているとこが安心です。

4.配送手段はどのようなシステムが用意されているか。

 宅配業者で佐川急便、ヤマト運輸による配送をほどんどのショップが行っています。郵便局留めも扱っています。

大人のおもおちゃ女性向け、ネットショップ購入を考えるときの一番の心配。

1.ショップサイト運営側への不信感や個人情報に関する心配。

 店で買うのとは違い、顔が見えない店舗もない。そのため漠然とした不安も重なって、本当に届くの?安すぎるのは本物のコピー品じゃないの?など、今どきでも初回は心配になって来るのではないでしょうか。
 また、個人情報も入力することになるので漏えい事態の心配も去ることながら、頼みもしないのに、後で勝手にDMを送られてきたり身に覚えのないような通販(アダルト的)のカタログが何故か来たり?とか心配にもなりますよね。もし、家族と同居なのに自分の名前宛に送られて来たら、かなり困ります。

 

2.商品の情報がもっとほしい、説明が不足していると感じる。

 買うための情報量がどこまで必要なのか人それぞれでラインはありませんが、ただむやみに情報量をたくさん載せられても判断できないことに陥る場合もあります。特に質感や肌ざわりとかがネットショップでは確認できない困ったことですよね。

3.配送業者が送るので、配送に送料がかかる。

 コレは困りますね、でも、たぶん一個一個一定の利益率を載せて販売していると思うので、例えば、一個600円のグッズを販売、仮に送料380円をタダにしたら利益律30%としたら利益180円、380円の送料まで負担したら200円の赤字になります。やっぱり運営できなくなっては困ることでもあります。こちらとしては、いざ、購入しようと思ったらショップが無くなっていたら困ることになります。

4情報入力がとにかくめんどう。

 会員登録を前提にすすめるショップサイトがたくさんありますが、私も大きらいです。

大人のおもちゃ女性購入の際、心の部分や心配事の解決方法。

1.ショップサイトへの不信感や個人情報については

 サイト名を検索して公式サイトがきちんとあるショップサイトなら大丈夫です。そして、今どきは個人情報をすべて暗号化しているので、インターネットで情報が送信される際に読み取られることはありません。
また、DMやチラシパンフレット、メール、メルマガ配信といったものは、アンケートや認証のときに許可を求めるのがまともなサイトですのでOKするかしないかは、自分で選択すれば良いだけの事になります。

2.商品に対する説明不足、情報量がもっとほしい場合

 だからと言って諦めるかどうかは、個人の判断にゆだねるしかない部分だと正直思います。
わたしは、「買うのがハズ カシくない」を一番に考えて判断していますので、店に行って買うというリスは避けます。先ずは、ショップページ内の商品レ ビューやレビュー数などで判断してみるのも一つの方法かと思います。

3.配送に送料が別途かかることについて

 ショップ側も努力はしていて、一定金額以上からは送料を負担するところもかなり多いようです。わたしは、一定額にならな い単品買いのときなど、もったいないと勿論感じながらも、「買うのがハスカシくない」為の、言ってみれば保険、リスク回避費用だと自分に言い聞かせています・・・・・いかがでしょうか?

4情報入力がとにかくめんどうな場合

 どうしても、そこにしか無くどうしても欲しい場合は、相手側の要求をのむしかありません。思いとどめられる程度のものな らキッパリ止めましょう。そして、フリーでも購入OKなショップを選びます。でも、まさか送り先の入力や返信メールの確認くらいはめんどうとは言えないですよ^^






 ※http:// 〜blog-entry.〜 などの、今、1記事表示で見ている方は、記事数の多い全記事表示もご覧ください。
トップエントリー(全記事表示は1ページに最新20記事を表示します)は コチラからどうぞ>>


女がオナする為のつばさのエッチサイト